スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利な電子マネーが詐欺の標的に。被害に遭わないための5つの行動。

お久しぶりの投稿です。
ふとニュースで気になる記事が挙がってましたので、被害に遭われる方が少しでも減ってくれればという想いで綴っていきます。

<振り込め詐欺>電子マネーの被害拡大 口座不要を悪用
 詐欺グループが、プリペイド(前払い)式電子マネーをだまし取る被害が各地で相次いでいる。詐取した現金を振り込ませる口座が不要なことから、金融機関による口座凍結で詐取金を引き出せなくなることがない上、口座を手掛かりに捜査が及ぶのを避けるためとみられる。国民生活センター(東京)には昨年11月以降で被害相談が40件以上寄せられており、警察当局は警戒を強めている。

 先月24日正午過ぎ。警視庁の捜査員が詐欺グループのアジトがある東京都新宿区の雑居ビルに踏み込むと、室内には約40台のパソコンに向かい、メールを送信し続ける男女34人の姿があった。

 7000万円を譲ります。ただ(電子マネーの)ビットキャッシュで決済する必要があります--。同庁は資産譲渡を装うこうしたメールを長崎県の男性(51)に送り、譲渡の登録料名目などでビットキャッシュをだまし取っていたとして首謀格の会社役員、竹本宗晴容疑者(36)らを逮捕した。

(引用) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150412-00000005-mai-soci


昨年はLINEを利用した中国(?)からのiTuneカードの詐欺事件が横行しましたが、今回は国内で標的はwebmoneyのようですね。こういう業界に身を置いていれば、その辺りの情報も入ってきますし、予防、意識もできるのですが、やはり一般の方々では回避できないこともありますよね。

そういった方々の為に被害に遭わないための方法を自分が考えられるだけ、書き溜めていきたいと思います。

1.決済する前に情報を集める。


こえだけニュースにも取り上げられているんですから、まずは「電子マネー 詐欺」や「Webmoney 詐欺」と言ったキーワードで検索してみましょう。GoogleやYahooの検索エンジンは優秀でスピーディに情報を更新していますので、昔の情報から、直近の情報まで知りたい情報を見つけ出してくれます。「決済までの時間がない」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、その日中に決済しなければ無効なんて事自体がおかしいと思いましょう。なんなら「3日後なら準備でいるのですが…」と下手にでて支払う意思を嘘でも示すと、この手の犯人はいくらでも融通を効かせてくれます。

2.自分1人で判断しない。


振り込め詐欺でもそうでしたが、この手の被害に合われる方は「自分1人で判断」をしてしまう傾向が高いようです。そりゃ急に「1,000万受け取って下さい。」なんて連絡が来たら当然驚いてしまいますし、動揺もすることでしょう。でもそんな時こそ、深呼吸をしてゆっくりと考えてみてください。そして信頼できる知人、家族に相談してみましょう。その時間ひとつで何千万という被害が「0」になるのですから。

3.相手側に質問を投げかける。


相手側に色々聞いてみましょう。例えば、

  • 電話番号は?

  • 住所は?

  • 代表者名は?

  • 担当者名は?

  • ホームページは?


といったところです。そして重要なのが、この質問を投げかけながらメモを取ることを忘れてはいけません。質問をしたら一度、インターネットで質問した内容をインターネットで検索してみましょう。もしかすると、既に被害に遭われた方がインターネット上に情報を残している可能性もあります。
また 詐欺情報データベースの「詐欺撲滅.com」のように詐欺情報を集めているサイトもありますので、こういったところを利用するのも一つです。

4.ちょっとでも「怪しい」と思ったら警察へ。


警察でもインターネット上の犯罪、いわゆる「サイバー犯罪」には特に敏感です。最近では耳にすることも減りましたが、「振り込め詐欺」等については、しっかりと相談に乗ってくれますし、金銭の受け取りにかかる段階では犯人逮捕の為に協力的に行動してくれます。まずは最寄りの警察署に電話して相談してみるのも効果的です。

5.そもそも「ウマい話」など存在しない。


もし、あなたが3億円の宝くじを当てたとします。その3億円、誰かに分け与えますか?
もしかしたらお世話になった親、兄弟、家族、はたまた知人に「おすそ分け」…なんて事はあり得るかもしれません。

しかし、見ず知らずの赤の他人に「お願いです、使ってください!」なんて言うでしょうか?まだ、恵まれない貧困層の地域や自然災害に被災した地域に「寄付」という形を考えるのではないでしょうか?

カタチは色々あるかもしれませんが、そんなウマい話など、そもそも存在しないのです。常にそういう考えを持っていることがもしかすると最大の予防策なのかもしれませんね。
関連記事
Category: News

コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ(o≧▽゚)o

一種の告白みたいで照れますが…
ChiRoさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(^-^)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(´w`*)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにChiRoさんからの連絡待ってますo(^◇^)o

2015/05/04 (Mon) 12:03 | コキーユ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。